ごあいさつ

日本料理文化博覧会では、「和食:日本人の伝統的な食文化」の世界無形文化遺産登録について、ユネスコへの申請が平成24年3月になされたことに伴い、 早期登録への気運の醸成を図るとともに、日本の伝統的な食文化の普及啓発を図るため、様々な事業を実施しています。

今回、その一環として、世界遺産条約採択40周年記念最終会合が11月に京都で開催されることにあわせ、地元京都の皆様や観光客の皆様を対象に、「ほんまもんの京料理」を味わっていただく「京料理ウィーク」を実施します。

「京料理ウィーク」は、京都料理組合に加盟する京都市内を中心とした47の料亭等で特別料金の京料理を提供するもので、京都の食文化をより一層理解していただくとともに、「和食」の世界無形文化遺産登録への気運の醸成を図るものです。

秋の京都で、料理人たちの卓越した伝統の技が光る数々の料理とともに、古都のおもてなしと京のまちに根付くその心意気を感じていただき、世界的にも保全する価値がある「和食」を御理解いただくとともに、日本文化の象徴ともいえる京料理を心ゆくまで御堪能ください。

Introduction

In order to create a favourable atmosphere for the recognition of “Washoku”, i.e., the Japanese traditional dietary culture, as an intangible cultural heritage of the world, the Japanese Dietary Cultural Exposition is conducting various projects.

This time, as a part of these projects, in accompaniment to the Closing Event of the Celebration of the 40th Anniversary of the World Heritage Convention to be held this November in Kyoto, the “Kyo-ryori (Japanese cuisine of Kyoto) Week” will be put on in which natives of Kyoto as well as tourists will take part in savoring “honmamon”(genuine) Kyo-ryori.

One of these projects is the “Kyo-ryori (Kyoto Cuisine) Week” which will be held from 5th to 11th November, 2012 which coincides with the closing event of the Celebration of the 40th Anniversary of the World Heritage Convention which will also be held in Kyoto.

During the “Kyo-ryori Week”, special course menus will be served in 47 traditional Japanese restaurants of the Kyoto Cuisine Association so that the tourists and Kyoto residents can relish genuine Kyoto Cuisine as well as to further a better understanding of the dietary culture of Kyoto.

We hope that you will enjoy Kyoto Cuisines along with the hospitality of the centuries old capital. Kyoto Cuisines are not only a part of Japanese food culture, but also a kind of art of traditional excellence that is worth being preserved in the world.

実施概要

期  間2012年11月5日(月)~11日(日)
内  容参加店舗において、実施期間「京料理ウィーク」用の
特別メニューを特別価格で提供します。
特別価格昼/6,000円、8,000円(税・サ込)のいずれかの価格
夜/13,000円、15,000円(税・サ込)のいずれかの価格
参加店舗京都市内を中心とした47店舗(一覧ページはこちら

Useful Tips

Special course menus will be offered during “Kyo-ryori Week” period. Please select a restaurant and order from the menus included in this Web Site.

Period5th -11th November, 2012
Special PriceLunch 6,000yen / 8,000yen
Dinner 13,000yen / 15,000yen
*prices include 5% tax and service charge.
*Some restaurants offer special menus lunch or dinner time only.
Note- Some of the restaurants and menus require advanced booking.
- L.O. stands for "Last Order".
- L.E. stands for "Last Entry".
- For further inquiries, please contact the restaurant directly.

関連情報

食と無形文化遺産

ユネスコでは伝統的舞踊、音楽、演劇、工芸技術、祭礼等の無形文化遺産を消失の危機から保護し、次世代へ伝えていくための国際的な協力及び援助の体制を確立することを目的に無形文化遺産の登録を行っています。日本では例えば、京都祇園祭の山鉾行事や歌舞伎など20件の文化が既に登録されています。食分野においては、「フランスの美食術」、「地中海料理」、「メキシコの伝統料理」(以上平成22年度登録)、「トルコのケシケキの伝統」(平成23年度登録)の4件が既に無形文化遺産に登録されています。

「和食」を無形文化遺産に

世界に誇る日本の食文化についても無形文化遺産に登録しようと、平成23年度に京都府が国に対して働きかけたことをきっかけに、国において検討が進められ、検討の結果、「和食:日本人の伝統的な食文化」として、平成24年3月に日本政府からユネスコに対して登録申請されました。

世界遺産条約採択40周年記念最終会合について

2012年(平成24年)は、世界遺産条約(世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約)の採択後40年を迎え、世界遺産を改めて振り返り、世界遺産条約の将来を考える節目の年として、1月30日のユネスコ本部(パリ)における開幕行事を皮切りに、世界各地で世界遺産条約採択40周年記念行事が行われ、その最後を飾る会合が京都で実施されます。